本文へスキップ

ネット中傷相談 ネット中傷対策 ネット誹謗中傷被害のご相談と対策

【ネット誹謗中傷被害のご相談と対策】
《ネット中傷相談》 《ネット中傷対策》
《ネット上でのプライバシー侵害の対処》


ご相談は2回、無料です。
042-534-9425

対処方法の概要


  書き込みなどの記述や、それによる被害が具体的にどのような内容を伴っているか
 という点は、
送信防止措置(削除)依頼発信者情報開示請求の為の方法選択を判断
 するうえで欠かすことができませんが、その方法はあくまで法律に見合うものである
 必要があります。

  例えば、ご自分を中傷する書き込みがあり、これについて『逮捕してほしい』と考
 えられたとしても、
警察による捜査のために必要な刑法上の違法性が認められなけれ
 ばなりません。


                        

  下の図は、ある書き込みや記事の違法性について考えてみる場合の民法と刑法の
 関係を表したものです。

  民法上の
『不法行為』は故意や過失によって他人の権利や法律で保護される利益
 を侵害した場合に適用されます。また、これは広い意味で人対人(法人・団体等を
 含む)の関係における日常生活上の基本的ルールでもあるので、その適用は広範囲
 にわたります。

  その一方、刑法は社会秩序や公益に関わる罪に適用されるものであるため、ある
 特定の個人や法人・一部団体等に対する誹謗中傷行為について、
その適用に特に必
 要とされる事実は民法のそれより一般的には絞られます。


 ー特定者に対する誹謗中傷行為についての民法上の責任と刑事上の罪との関係性−

      


  そして、上図の
薄い青濃い青の境を分けるものは、その発信の内容や、それ
 が社会的に及ぼす影響、またそれによって被る被害の程度によると考えられます。

  また、この双方の間にあるグレーの部分については、民法・刑法それぞれに名誉
 毀損に関する規定が置かれる関係上、個別の事案によって解釈が分かれるところで
 もあります



                        


  書き込みや記事についての対処方法を具体的に検討する場合、一般的には以下の
 ような流れが想定されます。









                                       喜多村 行政書士事務所
                                        行政書士 喜多村 淳


                                         

バナースペース

  喜多村 行政書士事務所


     事務所代表
  行政書士  喜多村 淳


   <各所属のご案内>

  日本行政書士会連合会登録
       第12080676号


  東京都行政書士会々員
         第9030号

 <事務所所在地のご案内>

 〒190−0031
 東京都立川市砂川町8−82−9
 武蔵砂川ロイヤルハイツ101


  TEL 042−534−9425
  FAX 042−534−9727


   《 ご相談時間 》

・電話でのご相談(ご予約不要)
 
*詳細につきましては、

《初回ご相談お承りカレンダー》
《ご相談までのご案内》

のページをご参照くださいませ。