本文へスキップ

ネット中傷相談 ネット中傷対策 ネット誹謗中傷被害のご相談と対策

【ネット誹謗中傷被害のご相談と対策】
《ネット中傷相談》 《ネット中傷対策》
《ネット上でのプライバシー侵害の対処》


ご相談は2回、無料です。
042-534-9425

被害に気付いたら


  他のページでもご説明いたしておりますが、ネット上でご自身のプライバシーに
 関する事柄や誹謗中傷を内容とする発信がされている場合、当初のお考えについて
 、まず以下がご参考になればと存じます。


  他のサイトの確認。 

  あるサイトでの書き込みを発見した場合、同様の書き込みが他のサイトにも存在
 している可能性があります。

  複数のサイトにわたる際の対処方法については、書き込みの内容のほかに、書き
 込みがされた日時の順や、対処の各方法に応じるサイト側の特性などを含めて考え
 たうえで、効率的な選択を求められるケースがあります。

  一般的な方法ですが、検索サイトでご自身のお名前やプライバシーに関わる言葉
 を組み合わせて検索し、同様の書き込みが他のサイト上にも存在しないかを確認す
 ることは、後の方法選択のうえでも必要な作業になります。



 
 書き込み・記事等の保存。

  これから実施することができる対策によっては、その書き込みや記事等が掲載さ
 れている状態をその時点で一度だけプリントアウトするだけでは充分ではない場合
 がございます。また、保存したくてもプリンターをお持ちではない方もおられます。

  そのため、以降に証拠となり得る書き込み・記事等は、その機器に備わっている
 『キャプチャー』等の機能によってブラウザ(画面)に現れる状態そのものを画像
 として記録しておかれることをお薦めいたします。

  また、キャプチャー機能はお使いの機器に搭載されるソフトによって操作が異な
 るため、ご存知ではない方は取扱い説明書をご覧いただく、あるいは製造元に問い
 合わせるなどの方法でご確認をいただき、いつでもその画像をプリントできる状態
 に保つことができれば、証拠の保存としてはひとまずご安心をいただけるのではな
 いかと考えます。

  また、書き込み・記事等は理由不明のまま表示から消えてしまうことがあります
 が例えば、特定に成功した発信者に損害賠償を請求する場合、その書き込み・記事
 等が掲載されていた期間中は、不特定多数が閲覧可能な状態にあった具体的な期間
 としての証拠になる可能性がありますので、これも可能であれば日毎に保存を更新
 する事をお奨めいたします。




  早急な削除が必ずしも得策ではない場合がございます。

  削除によって、目に見える記事や書き込みだけではなく、基本的にはそのサイト
 類のデータが格納されるサーバへのアクセスログ(大まかには送受信履歴と似てい
 ます)も消失します。このアクセスログは発信者あるいは発信機器に固有のデータ
 を含み、発信者に関する情報を得るうえでは欠かすことができない証拠でもありま
 す。

  発信者に関する情報を得ることを望まれる場合は、どのような対策を講ずるうえ
 でもこのアクセスログは一時期欠かせないものとなります。

  削除の必要がある場合でも、時間や事情の猶予があり、発信者に関する情報の取
 得も望まれるとすれば、これに先立ってアクセスログを保存し、その後の削除に及
 ぶ方法もございますので、これらをお考え併せのうえ、ご検討いただくことも可能
 かと存じます。




  サイトやブログの運営者が不明なときの対処。

  書き込みや記事等が掲載されているサイトやブログの運営者や管理者が不明であ
 り、何かを求めようにも、どこに連絡をすれば良いのかがわからない場合、そのサ
 イトやブログのデータが格納されているサーバの管理者宛てに依頼・請求をするこ
 とができるケースがございます。

  当事務所では、このサーバ管理者についてのデータは無償でご提供いたしますの
 で、必要がございます際はお申しつけをくださいませ(信頼性に乏しい場合はご提
 供できかねる場合がございます)。

  ただ、この場合、サイト・ブログの運営者や管理者に直接依頼・請求する以上に
 期間がかかるものと予想されるので、以下についてのご注意が必要にもなります。




  発信者情報の取得には、期間の制約がございます。

  書き込みや記事の『削除』については期間的な制限はございませんが、発信者の
 特定を行ううえで必要なアクセスログは永久に保存されるものではなく、数週間〜
 数か月で自動的に失われてしまいます。

  そして、発信者情報を取得するために必要な手続きや申立て自体にもある程度の
 時間を要しますので、対策にあたってはこれらを含めてのご検討が必要かと存じま
 す。



  ご本人様によっても可能な手続きはございます。

  削除や発信者の特定は結果の予測が容易ではございません。また、結果に至るま
 での期間も事案によって異なりますし、日々新たな書き込みや記事等が重ねられて
 いる進行形の状態が続くケースもございます。そのため、第三者に何らかの対策を
 ご依頼なさった場合の費用対効果もご検討の際の重要な要素になろうかと思われま
 す。

  一見、気軽に利用可能な掲示板やブログにも、実際は様々な法律が絡まっていま
 す。この点で法律に関係する職が必要になるケースもございますが、掲示板・ブロ
 グ・SNS・サーバ等の運営者・管理者や通信プロバイダの任意による削除や開示
 をはじめ、ネット検索の際に表示されるタイトルや言葉の削除なども、事実と法的
 な根拠・理由が明らかであれば、違法性が明白であることの主張をご本人様が行う
 ことは決して不可能ではないと考えます。

  事案と目的によって、必要に応じて法律に関係する職をサポートに付け、ご本人
 様主体で対策を実施される方法もございます。




                                     喜多村 行政書士事務所
                                      行政書士 喜多村 淳

バナースペース

  喜多村 行政書士事務所


     事務所代表
  行政書士  喜多村 淳


   <各所属のご案内>

  日本行政書士会連合会登録
       第12080676号


  東京都行政書士会々員
         第9030号

 <事務所所在地のご案内>

 〒190−0031
 東京都立川市砂川町8−82−9
 武蔵砂川ロイヤルハイツ101


  TEL 042−534−9425
  FAX 042−534−9727


   《 ご相談時間 》

・電話でのご相談(ご予約不要)
 
*詳細につきましては、

《初回ご相談お承りカレンダー》
《ご相談までのご案内》

のページをご参照くださいませ。